-無断転載禁止です-

雑記帳 2021-01

2021-01-09(土) 晴れ

東京はずっと快晴が続いている。気温も低く冬本番な印象。

コロナヴァイルス感染は急速に拡大を続けている。
1/8から東京、神奈川、千葉、埼玉に二回目の緊急事態宣言が出された。
それに伴い2/7に予定されていたワンフェス2021冬も中止された。
年末の感染拡大の勢いからある程度覚悟はしていたが残念である。
だが実行委員会の対応は非常に手厚く、満足している。とても努力されたと思う。
自分にとってワンフェスは実利以上にメンタルの支えなので
今後も積極的に参加してゆきたいと思った。

2020/11/19の雑記に一日の感染者が5000人に到達するのでは?と書いたが
二ヶ月を待たず突破し8000人に迫る結果になった(2020/11/19は2386人である)。

ニュースでは『飲食業界』が標的になっていることが話題になっている。
これに関して自分は以前から『外食』が『マスクを一時的に外す唯一のタイミング』であり
生活の中での最大の弱点と思ってきたので、科学的に違和感は無い。
ただ『GoTo』の時に形成された『しっかりとした感染対策を行えば大丈夫』という
楽観的で非科学的な意識が人々の意識に根付いてしまったので
一度下げたガードを中々元に戻せない状況になってしまっていると思える。

日本は欧米と違い『感染爆発』を経験していない。
『医療崩壊』を医療関係者が警戒しまくっているのにも関わらず
『自分なら大丈夫』、『規制されていない範囲は安全』と思い込み遊びに出てしまう。
自分の周りでもまだ普通に飲食や娯楽施設に行く人が絶えない。

写真:2021/01/09 7:05 のTV

2021-01-02(土) 晴れ

年が開けた。

コロナヴァイルスのパンデミックで再開したこの雑記帳。残念ながら収束の気配は無く、むしろ絶賛拡大中で大晦日の31日に東京は過去最大の1337名を記録した。良いことがあるとすれば、近親者に感染が無かったことだろうか。うちは去年春から変わらず、不要不急の外出を控え、マスク、手洗い、うがいの徹底、マスクを外すことのリスクを考慮し外食も禁止、買い物したものは全てアルコールで除菌している。
『そこまでやる必要は無いのでは?』という気もする。ただ『やれることは全てやる』というのが自分の信条なのでそれに従っている(他者に意見を言いたいつもりはない)

このコロナヴァイルスは今年どうなのだろう?
春頃から日本でもワクチンの摂取が開始されると言われている。日本の医療体制、物流の精度、国民性を考えると一度ワクチンが出回り始めれば比較的計画通りに摂取は進む可能性は高いと思われる。ただそのことでかつての生活に直ぐに戻れるだろうか?
・ワクチンが健康な40-50代に回ってくるタイミングは春では無いだろう(夏の終わり位か)
・ワクチンの有効性は感染の確率を下げることで『0』にできることでは無い(と言われている)
・ワクチンの効果が社会に現れてくるのに時間がかかる(望む効果は得られるのだろうか?)
・効果が現れたとしてもまた社会生活が活発になると感染者が増えたりしないだろうか?
上記の様なことを考慮すると『マスク生活』は後1年は続くと思った方が良いかもしれない。
毎日の感染者数が一桁にでもなればかなり安心できるのだけれども。

そんな状況の中何を行いたいか(行えるか)を考えて行きたいと思う。

写真:2020/12/30 の空




2020-03〜12