MAFIA

2003illusion softworks

(日本語版/株式会社ズー)

ジャンル:TPS











 


このタイトル自分にとって2003年のベスト1ゲーム。
ゲームタイプはTPS(サードパーソンシューティング:3人称視点)。といってもシューティングばかりではないので3人称視点アクションの方が合っているかもしれません。

映画「ゴットファーザー」「ワンスアポンナタイムインアメリカ」などのギャングものが好きな自分にはストライク、直球ど真ん中な内容のクライムアクション。
特出すべきはストーリーと演出そして舞台となる架空の都市ロストヘブン。今までのゲームライフでここまで没入できたタイトルは無いとも言えます。

ゲーム開始時のメニュー画面。洋ゲーにありがちなメニュー。選択項目に対して室内をカメラが移動する。ネタばれになるので詳しくは書けませんがこの部屋主人公の部屋の設定。この画面クリアした後に見ると感慨深いものがあります。それは何故か?クリアしてからのお楽しみ(ってもしかして自分だけかも)

   

イントロダクションデモ。プレイヤーであるトミーが刑事に身の安全と引き換えにファミリーの秘密を語るところからはじまる。そうなのです。今からプレイヤーがプレイする内容は彼の刑事への発言(過去の記憶)なのです。なんともにくい演出です。

   
一気に時間はさかのぼる。そこにはしがないタクシー運転手時代のトミーの姿。そして劇的なファイミリーとの出会いが訪れます。
   
舞台となる1930年アメリカの架空の都市ロストヘブン。この都市には2大マフィアがその勢力拡大をもくろみ抗争を続けています。その一つが主人公が属することになるドン・サリエリ率いるサリエリファミリー。

グラフィックは2005年現在ではやや荒い印象を受けまずが、今でも十分雰囲気は良く見劣りしないのが凄い。2003年にこのクオリティを実現していたことには驚くばかりです。
   
ロストヘブンは広大で、ビジネス街、住宅街、港、チャイナタウンと色々な場所が存在します。ほとんどの場所は車、徒歩でシームレスに移動が可能です。 人や車はAIによりあたかもここで生活している様に動きます。
また特定の場所には決まったBGMが流れます。(このBGMが実に良いのです) 自動車でBGMを聞きながら移動しているだけで楽しくなります。
   

ちょっと面白い一コマ。一台の車を強制的に止めるとこの通り渋滞が起こります。

この渋滞実はゲーム攻略の手段としても使用可能。あらかじめ渋滞を作って起き敵が出現した時バリゲートとして使用したりするのです。
こういった状態をプレイヤーがその場を離れてもある程度維持するところにはびっくりしたものです。

ちなみにマフィアではフィージックス(物理計算)もいち早く導入されており 車のタイヤを撃つとちゃんとパンクしたタイヤの方に車体が傾いたりします。芸細です。

   
これはロストヘブンを走る電車の中からの一コマ。電車も定期的に走っており自由に乗り降り可能。時には追われる警官から逃げる手段に使えます。もちろんマターリ風景を眺めるだけでも楽しいです。

他に路面電車もあります。
   

このオッサンがドン・サリエリ。このオッサンからミッションを受け取りプレイしてゆくことになります。(GTAと違い順番にミッションをクリアしてゆくことで先に進みます)。

さてゲームなので次々とミッションをクリアしてゆく訳ですが、そうなると当然ドンから好評価を受けることになります。それはマフィアの世界に足を突っ込んでゆくことを意味します。権力は手に入るが自分はどんどん悪党になる。この 落ちてゆく感じが非常に良く出来ています。シナリオの良さと言えるでしょう。

 

味のあるNPCが多いのもマフィアの魅力。

画面の男は整備担当のルーカス。いっつもどもり気味。でも殴りかかると瞬殺されます(w)。他にもプレイヤーの親友が2人いていつもミッションを共にします。その友と成長する(成り上がる)感じが非常に良く描かれています

 
かつてはしがないタクシー運転手だったトミーはマフィアの暗黒世界にはまり込んで行きます。そして気づいた時には自分ではどうにもできない状態に…。

そして悲しくも切ないクライマックスに物語りは展開します

ラストはありがちですがなんとも言えない気持ちになります。
(是非体験してもらいたいので今回はここまで)
 
では最後にマフィアの美しい風景を幾つか。

ミッションによってはロストヘブンの郊外に行くことにもなります。こういったステージはミッション専用でミッション終了後訪れることはできません。見渡す限りの農村風景など雰囲気はとても良くできています。
 
遊覧船でのミッションの一コマ。ロストヘブンを流れる川をゆっくり運行中。
   
美術館。このゲーム全体的に品が良いのです。それがゲームのテーマに素晴らしくマッチングしています。

さてこのゲーム、一見ゲームデザインが似ているので良くGTA(グランドセフトオート)と比較されます。

自分はどちらのタイトルも大好きなのでどちらが良いとは言えないのですが
はっきり言えることは両者はまったく異なるゲームであると言うこと。
特にプレイ中からクリア後の心境が著しく異なります。

なので少しでも興味がわいたら(GTAプレイ者でも)一度体験することをオススメします。